1. ネットワーク電源制御の明京電機>
  2. 製品活用事例>
  3. ソリューション事例>
  4. ユタカ電機製作所様 UPS(無停電電源装置)とのソリューション
製品紹介

ソリューション事例

< 一覧に戻る

ユタカ電機製作所様 UPS(無停電電源装置)とのソリューション

ユタカ電機製作所様 UPS(無停電電源装置)とのソリューションzoom

UPS連携機能を利用し、より安心便利な電源環境を構築!
動作検証済み製品 UPS510SS UPS1010SS
「世界最小クラス」常時インバータUPSである
SuperSmartシリーズ×TIMEBOOTmini(RSC-MT4H)
連携させる事による、様々なメリットをご紹介致します。

UPS-検証済み製品:PDU(リブーター・スケジューラー)

ダウンロード

連携紹介資料

上記 [連携紹介資料] の通り、大きく5つのメリットがあります。

①UPSからの停電信号を受け、シャットダウンスクリプトを実行
②起動順番の指定
③アウトレットの個別制御・スケジュール制御
④PINGによる機器の死活監視
⑤温度監視/コントロール

ユタカ電機製作所様 UPS(無停電電源装置)とのソリューションzoom

接続方法について

ユタカ電機製作所様がご提供されている、
RS232C用 専用インターフェースケーブル(YEET-IN3AAS) で、
UPSとTIMEBOOTmini(RSC-MT4H)のCOMポートを直結します。
UPSは一次側より電源を供給し、TIMEBOOTmini(RSC-MT4H)は、UPSより電源を供給します。
制御対象機は、TIMEBOOTmini(RSC-MT4H)より電源を供給して下さい。
これにより、TIMEBOOT側で、商用電源状態・バッテリー状態を把握する事が出来る他、
様々な形で対象機を制御する事も実現します。

ユタカ電機製作所様 UPS(無停電電源装置)とのソリューションzoom

電源障害時の動作フローについて

1.商用電源に障害が発生するとUPS側から停電信号が送出されます。

2.指定時間以上信号を検知した場合にTIMEBOOTmini(RSC-MT4H)がTelnet or SSHによる
  シャットダウンスクリプトを実行します。(RSC-MT4H×1台につき最大4箇所)

3.PINGにより、制御対象機のシャットダウン正常終了を確認した後、安全に電源供給を遮断します。

4.全ての電源出力がOFFされた後、UPSに対してER信号を送出し、UPSシャットダウンを行います。
  (UPSの、無駄な電力放出を無くします)

5.商用電源復旧後、TIMEBOOTmini(RSC-MT4H)の電源出力4系統を、
  予め設定した任意のタイミングで順次自動ONを行う事が可能です。


株式会社ユタカ電機製作所様

< 前ページ

次ページ >

< 一覧に戻る

ネットワーク電源制御の明京電機TOP