1. ネットワーク電源制御の明京電機>
  2. 製品紹介>
  3. スケジューラー>
  4. TIME BOOT RSC-MT8F
製品紹介

スケジューラー

< 一覧に戻る

TIME BOOT RSC-MT8F

TIME BOOT RSC-MT8Fzoom

8アウトレット制御できる19インチ1U型フルサイズスケジューラー
¥128,000(税別)
8アウトレット制御できる19インチ1U型。機能を絞った1Uフルサイズ版。
サーバー等監視センターの監視・復旧に最適。

90秒でわかるリブーターはこちら。
TIME BOOT RSC-MT8Fzoom

●特長
TIME BOOTはパソコンの電源のON/OFFに使える年間スケジューラーです。 もちろんパソコン以外の機器にも使えます。デジタルサイネージに 代表される、パソコンを含めた様々なシステムの電源を賢く管理する のに最適です。スケジュール運転で、無駄な電気を省き、エコを推進 すると共に、利用時間以外の電源をOFFすることで、不正な利用を防ぐ こともできます。 また、PINGによる監視機能もありますので、万一、ルーターがフリーズ した時には、ルーターの電源を自動的にOFF/ONし再起動させてフリーズ を解消します。これにより、効率の良い保守が可能になり、ネットワーク システムが安定します。

●フリーズした機器を自動リブート
タイムブートはICMPパケットに対する応答により機器の死活を監視し、未応答が続いた場合に、機器をフリーズと判断して電源出力をOFF/ONし機器を自動リブートします。WOL機能に対応しているのでパソコンの再起動にも利用可能。監視するIPアドレスはアウトレット毎に4個所まで。

TIME BOOT RSC-MT8Fzoom

●電源制御機能
8口のアウトレットを個別に電源制御(ON/OFF)できます。WEBやTELNET、 SSHを利用した遠隔電源制御が可能になります。また電源をOFFさせた後、 電源をONさせるリブート命令を利用すれば遠隔リブートも簡単に行えます。 各アウトレット毎にON遅延、OFF遅延、リブート遅延を設定可能。最大制御 容量1500(W)。シャットダウンスクリプトを利用することにより、PCの シャットダウンを行わせ安全に電源OFFが可能です。

●メールによる通知と電源制御機能
異常発生や電源状態変化時に最大8箇所へE-mailを送信して状態を通知することができます。また、E-mailを利用してログインしコマンドを実行することもできるので、モバイル環境からの機器の電源制御が可能になります。

TIME BOOT RSC-MT8Fzoom

●ネットワークからの電源制御とスケジュール制御
タイムブートはLAN経由で各種設定や電源制御ができます。 WEBによる制御に加えて、SSHやTELNETによるコマンドライン制御も可能です。 また、時計と電池を内蔵していますから、1週間程度の停電があったも時刻を保持 して、年間スケジュールを実施します。電源ON時にはWOL用のマジックパケットを 送出し、電源OFF時には、シャットダウンスクリプトを実行しますので、サーバー の遠隔起動終了、あるいはスケジュールによる起動終了が可能になります。

TIME BOOT RSC-MT8Fzoom

●温度センサによる温度測定と電源制御
オプションの温度センサ(RP-TS003)を利用することでネットワーク環境の温度を測定することができます。設定されたしきい値に基づき、温度の状態を正常、注意、警報と判断します。状態に合わせて電源を制御することもできます。異常時、E-MAILでメール通知も可能です。ネットワーク稼働監視ソフト(RPC-EYE v3)を利用することにより記録やグラフ表示も可能になります。

TIME BOOT RSC-MT8Fzoom

●ネットワーク稼働監視ソフトを利用することにより拠点内でのネットワーク状況を把握できます
RPCシリーズが拠点で監視している情報を受信しますから、拠点のLAN状態を把握できます。 RPCシリーズで自動リブートした回数が送信されますから、ルーターや回線の不調を把握できます。
拠点IPアドレスが固定IPでなくても(動的アドレス)接続が可能です。

TIME BOOT RSC-MT8Fzoom

●スケジュール管理機能
20個のスケジュールパターンを年間カレンダーに設定することで、  1年間のスケジュールを分単位で設定することができます。  スケジュールパターンは、1日ごとに作成し、24時間のON/OFFを分単位  で決定します。例えばAパターンは8時35分~17時40分までON、それ以外  はOFF、Bパターンは8時00分~12時00分までON、それ以外はOFF、Cパタ  ーンは終日OFFといったようにパターンを作成します。  このスケジュールパターンを、曜日毎、月日ごとに設定して行き、年間  カレンダーを決定します。スケジュールパターンやカレンダー設定は、  ブラウザ画面で確認することができます。
※週間指定以外の個別指定スケジュール(特定日)はアウトレット毎に最大20件です。

●スケジュールの登録方法
1.24時間(1日)のスケジュールパターンを1分単位で制作します。
2.休日テーブルを設定します。(一般カレンダーの休日は初期に入っています)
3.スケジュールを設定したいアウトレットを指定します。
4.カレンダーに制作したパターンを配置していきます。

< 前ページ

次ページ >

< 一覧に戻る

ネットワーク電源制御の明京電機TOP