明京リブーター教室 発展編 | リモートからでもメールで電源制御

明京電機のリブーターの設定方法などをご案内するコラム記事です。

今回は発展編。

メールで電源制御を行いたいお客様向けの記事です。

リブーターのメール制御機能の設定方法をご案内します。

はじめに

リブーターの初期設定は済ませておき、設定画面が開けるようにしておいてください。(詳しくは「導入編」で)

受信用(リブーター用)のメールアドレスとメールサーバ情報が必要になりますので、事前にご用意ください。

※SSL通信には対応していないため、Gmailのアドレスなどはリブーターに設定できませんのでご注意ください。

Step1. メールサーバ設定 [2:34~]

1. 設定画面を開き「ネットワーク設定/メール設定」を開く

2. 受信用(リブーター用)のメールアドレスとメールサーバの情報を入力する。(パソコンのメールソフトを設定するのと同じ要領です)

※SSL通信には対応していないため、Gmailのアドレスなどはリブーターに設定できませんのでご注意ください。

Step2. メール制御設定 [3:28~]

1. 「メール制御コマンド」を有効にする

2. 「メール制御ユーザー名」「メール制御パスワード」を設定する

3. その他の設定は適宜行う。(デフォルトのままでもOK)

Step3. 通知先設定 [4:01~]

1. 「通知先アドレス」に送信用 (自分用) のメールアドレスを登録する。(Gmailなども可)

 ※通知先アドレスに登録したメールアドレスからのみメール制御が行えます。

2. 「適用」をクリックする

3. テストメール送信を行い、ログアウトする。

実演:スマホからメールを送信して、電源制御を行う[5:04~]

本文1行目に「メール制御ユーザー名」

本文2行目に「メール制御パスワード」

本文3行目に「電源制御コマンド」

※HTML形式ではなくTEXT形式でメールを作成する。

明京リブーターでスマートメンテナンス!

メール制御機能とWoL機能で「メール1通でPCを起動・再起動できるシステム」の運用が可能!

メール制御機能とスクリプト実行機能で「メール1通でPCをシャットダウンできるシステム」の運用も可能!

導入や運用に関してご不明な点がございましたら、「お問い合わせ」フォームから遠慮なくお問い合わせください。

おすすめ記事