死活監視とは|死活監視によるフリーズ対策を分かりやすく解説

死活監視とは|死活監視によるフリーズ対策を分かりやすく解説

死活監視

死活監視とは、コンピューターやシステムが正常に稼働しているかどうか、外部から継続的に監視する機能のことです。

最善のシステムを構築しても、設置環境やネットワーク要因などにより不測の事態が発生し、システムが停止する可能は残ります。

ITインフラがいたるところに張り巡らされた現代社会において、システムの停止は大きな障害に繋がりかねません。

それで24時間・365日、ITシステムを自動的に監視し、稼働状態を検知する死活監視の重要性が増しています。

死活監視の種類

死活監視にも、大きく分けて「アクティブ監視」と「パッシブ監視」があります。

監視する側が積極的に行動を起こして監視するのがアクティブ監視、監視する側が監視される側からのアクションを監視するのがパッシブ監視です。

アクティブ監視

アクティブ監視として有名なのがPING監視です。

監視対象の機器にICMPパケットを定期的に送信して応答を確認します。

そして、一定期間、応答が無ければ異常 (フリーズなど) が発生していると判断します。

他にも、監視対象機器のポート状態を確認する方法もアクティブ監視になります。

パッシブ監視

一方、パッシブ監視としては、WATCHDOG機能を利用した方法があります。

監視対象機器から定期的に送出されるパケットを監視し、一定期間パケットが到着しなければ障害 (フリーズなど) が発生したと判断します。

システムの特徴に合わせて、これらの監視方法を選択することが必要になります。

活用例:死活監視でルーターのフリーズ検知

ルータのフリーズ対策

どんなに優秀なルーターでも、雷、停電、その他、不測の事態によるフリーズすべてを避けることはできません。

フリーズ発生後、復旧のために現地に駆けつけても、セキュリティ上の問題や、高所、狭所などの理由で、設置場所に入れなかったり、設置場所に入れても、電源のコンセントが複雑に絡み合っていることにより、対象機器のコンセントを容易に判断できなかったりします。

これら全ての問題を、リブーターが解決します。

それは、PINGへの応答確認、および供給電源の自動OFF/ONによる電源再起動を自動的に行うからです。

ではルーターのフリーズは、どのくらいの頻度で生じるのでしょう?

フリーズは、ソフトウェアのバグ、回線のトラブル、また瞬停や雷サージなどによるノイズによって生じます。

多くのお客様は、こうした原因から生じるフリーズが、数年に一度は発生することを想定しておられるようです。

仮に2年に一度フリーズが生じるルーターを365台利用しているとすると、計算上は、二日に一度は、どこかでフリーズが発生することになります。

リブーターを導入することで、こうした障害を自動的に復旧させることができます。

活用例:死活監視でWEBカメラのフリーズ検知

WEBカメラのフリーズ対策

近年、監視カメラを代表とする様々なWEBカメラが至る所に設置されています。

重要な画像情報が日々、取得保存されています。

しかしながら、実際に画像情報が必要になった時にデーターを確認したところ、WEBカメラや録画装置がフリーズしていて必要な映像が記録されていなかったというケースもあるようです。

リブーターを使えば、現地に行くことなく、フリーズしたWEBカメラや録画装置を遠隔再起動させることができます。

またPoEリブーターを使えば、PoEスイッチをポート毎に制御できるので、フリーズしたWEBカメラのみを再起動させることができます。

しかも、E-mailによる遠隔電源制御機能を利用するなら、ルーターにNATなどの設定をすることなく、遠隔再起動を行うことができます。

活用例:死活監視でデジタルサイネージのフリーズ検知

デジタルサイネージのフリーズ対策

サイネージプレイヤーの場合、OSまでは正常であるのにアプリケーションレベルでフリーズしている場合があります。

この場合、PING監視ではフリーズを検出することができませんが、弊社が開発したサイネージシステム監視用ソフトウェアを利用すれば、プレイヤーのCPU稼働率からアプリケーションレベルのフリーズを検出し、プレイヤーの再起動を行うことができます。

正常時には、プレイヤー(Windowsベース)から、リブーターにパケットを送出し、異常発生時には、そのパケット送出を停止します。

これによりリブーターは異常を検出し、サイネージシステムの再起動を開始します。

まず、サイネージプレイヤーにTELNET経由でシャットダウン命令を行い、供給電源をOFFします。

その後、供給電源をONし、かつWOLを利用してプレイヤーを起動させます。

この間、ディスプレイへの供給電源はOFFにして、一連のプロセスを表示させないようにします。

こうしてアプリケーションレベルでフリーズしたサイネージシステムも、自動的に検出し、再起動による復旧を行うことができます。

活用例:死活監視で無線アクセスポイントのフリーズ検知

アクセスポイントのフリーズ対策

住宅、事務所、商業施設など、様々な場所で無線アクセスポイントが利用されています。

このアクセスポイントもフリーズします。

リブーターを各アクセスポイントの配下に設置し、互いにPING監視することによって、フリーズ状態を検出し、アクセスポイントの自動再起動を行うことができます。

一方、接続先が不定のWiFiサービスのアクセスポイントの場合、対象となるデバイスが特定できないため、自動リブートを実行することは困難です。

その場合は、WiFiアクセスポイントの監視システムなどと連携し、異常発生を確認後、遠隔リブートを利用することができます。

活用例:死活監視で会社PC(パソコン)のフリーズ検知

PC,パソコンのフリーズ対策

テレワークのため、リモートアクセスツールを利用して接続している会社のパソコンがフリーズしたらどうしますか?

リモートソフトで再起動できる場合もありますが、残念ながら、再起動できない場合もあります。

リブーターを利用すれば、E-mailを送信するだけで、パソコンの電源をOFF/ONすることができます。

(ノートパソコンの場合はバッテリーがあるため不可)

まず、OFF命令のメールでシャットダウンと電源OFF、そしてON命令のメールで電源ONとWOLを実行できます。

シャットダウン機能付きのリブーターでは、電源OFFの前に、TELNETやSSHでパソコンにログインして、 シャットダウンコマンドを実行します。

通信内容は、あらかじめスクリプトを記述しておくことができます。

またWindows用のシャットダウンソフトもご用意しています。

起動時は、電源ON後に、WOL用のパケットを送出してパソコンを起動させることができます。

フリーズの解消以外にも、パソコンの起動のためだけでもリブータは有効です。

あるいは、リモートソフトで操作しているパソコンからリブーターにWEB接続して、必要な電源操作を 行うことも可能です。照明のON、OFFや、不要な通信機器の電源OFFなど利用方法は様々考えられます。

死活監視の広がり

ITインフラの広がりは、そのまま死活監視の広がりに繋がっています。

こまでをITインフラと呼ぶかについては、様々な視点があるかと思いますが、ITを支える下部構造(インフラストラクチャー)という意味においては、ルーターやスイッチ、またWiFiアクセスポイント、監視カメラ、デジタルサイネージもITインフラと呼ぶことができるかと思います。

様々な場所に設置された、これらの機器の健全性を確認するため、死活監視の需要は拡大を続けています。

ITインフラの拡大に伴い、さらに効果的、効率的な死活監視が求められてゆくものと思われます。

おすすめ記事