テレワークで話題!リモートでもメールでPC起動できる明京リブーター

メールでPCを起動できる「明京リブーター」

リモートからメールでPC起動!リモートアクセスしたいパソコンの電源を操作できます!

テレワーク中、"社内の"パソコンを使用する必要が生じた時に

「パソコンの電源さえ入れられたら…」と考える事ありませんか?

最近は便利なリモートソフトが多数あるので、

「パソコンの起動さえできれば」リモートアクセスできるのに…。

パソコンの常時ONは"会社NG"、ルーターの設定変更も"会社NG"、

テレワークなのに結局、出社するしかない…。

そんな悩みを解決できるのが、明京電機のリブーター!

社内にリブーターを設置しておけば、あとはメールを送るだけ!

メールを受信したリブーターが Wake on Lan (WoL)を使ってパソコンに起動命令を実行。

メールだから操作が簡単、ルーターの設定も不要。

サーバやVPNを用意する必要もありません。

社内PCをリモートから起動させる…そんなテレワーク リモートワーク特有の悩みを簡単に解決します!

リモートからPCの「シャットダウン」も可能!効率的なリモートメンテナンスを実現します!

明京リブーターは「遠隔電源制御装置」

ひらたく言えば「電源出力のON/OFFをリモートで行える超高性能な電源タップ」です。

普通の電源タップ同様、パソコンやルーターなどのネットワーク機器のコンセントをリブーターに繋いで使用します。

ですから、リブーターに接続したパソコンへの電源供給を停止して、パソコンを"強制終了"させることが可能です。(フリーズした時などに便利です)

さらに「スクリプト実行機能」を有効にすれば、電源供給を停止する前に「シャットダウンスクリプト」を実行して、パソコンを"正常終了"させることも可能です。(スクリプトは自由に修正できます)

このようにメール1通でパソコンの起動や終了を行えるので、テレワークでの効率的なリモートメンテナンスを実現できます!

フリーズ対策機能でテレワークやリモートワークの致命的な問題を未然に防いでくれます!

テレワークやリモートワークの最大の敵が、社内のルーターやパソコンなどのフリーズ!

特に、ルーターがフリーズしてしまうとリモートアクセスできなくなるので、緊急出社を余儀なくされます。

明京リブーターの最大の特徴は、多彩な監視機能!

例えば、PING監視でルーターのフリーズを検知したり、ハートビート監視でパソコンのフリーズを検知して、各機器への電源供給を一時的に停止させることができます。

結果、フリーズした機器を"強制再起動"させる事になり、多くの問題は自動的に解消します! (詳しくはコラム:死活監視とは?)

元々はインターネットマンション用ルーターのフリーズ対策や、 駅や商業施設にあるデジタルサイネージ(デジタル看板)のフリーズ対策などに用いられてきたので実績十分。

現場からの要望に応じて機能を追加してきたため、メール制御機能以外にも実際に役立つ機能が各種揃っています!

日本製!PSE対応!遠隔電源制御装置の明京リブーター!用途や規模や予算に応じて選べます!

明京電機が開発し続けて20年以上になる遠隔電源制御装置リブーター!

効果的かつ信頼できるこのテレワークツールを是非お試しください!

人気機種紹介 (詳しくは「製品紹介」ページ)
特徴 機種名 価格
最上位機種 19インチ1U型 RSC-MT8FS 128,000 (税別)
廉価版 WoLは最大10宛先まで可能 RPC-M2CS 34,800 (税別)
普及版 人気の4アウトレットモデル RPC-M5CS 44,800 (税別)

無償貸出の申込はもちろん、導入や機種選定のご相談も承っております。

まずはお気軽にお問い合わせください!

おすすめ記事