明京リブーター教室 応用編 | Wake on LanでPCを遠隔起動する方法

明京電機のリブーターの設定方法などをご案内するコラム記事です。

今回は応用編。

リブーターを利用してPCやサーバの起動/再起動を行いたいお客様向けの記事です。

PC側とリブーター側の双方にWake on Lan機能を設定する方法をご案内します。

はじめに

リブーターの初期設定は済ませておき、設定画面が開けるようにしておいてください。(詳しくは「導入編」で)

リブーター側だけでなくPCやサーバ側もWake on Lan機能 (以下、WoL機能) に対応している必要がありますのでご注意ください。

Step1. PCのWoL機能を設定する [1:10~]

Windows10 PCの場合の一例:(設定は自己責任で行ってください)

1. スタートボタンを右クリックし「デバイスマネージャー」を開く

2. ネットワークアダプタの「プロパティ」を開く

3. WoL機能を「有効」にする

Step2. PCのMACアドレスを確認 [2:26~]

1. スタートボタンを右クリックし「ネットワーク接続」を開く

2. 「接続プロパティの変更」を開く

3. 「物理アドレス (MAC)」の右にある文字列 (MACアドレス) をコピーする

Step3. リブーターのWoL機能を設定する [3:01~]

1. 設定画面を開き「システム設定/詳細設定」を開く

2. 「アウトレット連動送信 Wake On Lan」欄に、Step2で得たMACアドレスを貼り付ける。

※MACアドレスのフォーマットの違いに注意。Windows10では「ハイフン」区切りだが、リブーターは「コロン」区切りで設定する。

実演:スマホからメールを送信して、PCを遠隔起動させる[4:36~]

※メール制御の設定方法は他コラムを参照。

明京リブーターがあればPCやサーバの遠隔起動が可能に!

1台の明京リブーターで「アウトレット数と同じ台数」のPCやサーバを起動可能!

仮想アウトレットを利用すれば「さらに8台」のPCやサーバを起動可能!

一斉電源制御機能を利用して複数台のリブーターを連動させれば「数十台単位」でPCやサーバの遠隔起動が可能!

導入や運用に関してご不明な点がございましたら、「お問い合わせ」フォームから遠慮なくお問い合わせください。

おすすめ記事