1. ネットワーク電源制御の明京電機>
  2. 死活監視とは
死活監視とは

死活監視とは

ABOUT

死活監視とは、コンピューターやシステムが正常に稼働しているかどうか、外部から継続的に監視する機能のことです。最善のシステムを構築しても、設置環境やネットワーク要因などにより不測の事態が発生し、システムが停止する可能は残ります。
ITインフラがいたるところに張り巡らされた現代社会において、システムの停止は大きな障害に繋がりかねません。
それで24時間・365日、ITシステムを自動的に監視し、稼働状態を検知する死活監視の重要性が増しています。

死活監視の種類

PING

死活監視にも、大きく分けてアクティブ監視と、パッシブ監視があります。監視する側が積極的に行動を起こして監視するのがアクティブ監視、監視する側が、監視される側からのアクションを監視するのがパッシブ監視ですが、アクティブ監視として有名なのがPING監視になります。監視対象の機器にICMPパケットを定期的に送信して応答を確認します。
そして、一定期間、応答が無ければ異常が発生していると判断します。他にも、監視対象機器のポート状態を確認する方法もアクティブ監視になります。一方、パッシブ監視としては、WATCHDOG機能を利用した方法があります。監視対象機器から定期的に送出されるパケットを監視し、一定期間パケットが到着しなければ障害が発生したと判断します。 システムの特徴に合わせて、これらの監視方法を選択することが必要になります。

死活監視の広がり

DEMAND

ITインフラの広がりは、そのまま死活監視の広がりに繋がっています。どこまでをITインフラと呼ぶかについては、様々な視点があるかと思いますが、ITを支える下部構造(インフラストラクチャー)という意味においては、ルーターやスイッチ、またWiFiアクセスポイント、監視カメラ、デジタルサイネージもITインフラと呼ぶことができるかと思います。 様々な場所に設置された、これらの機器の健全性を確認するため、死活監視の需要は拡大を続けています。ITインフラの拡大に伴い、さらに効果的、効率的な死活監視が求められてゆくものと思われます。

ネットワーク電源制御の死活監視とはTOP