1. ネットワーク電源制御の明京電機>
  2. よくある質問
よくある質問

運用方法

お客様から良く尋ねられる質問を紹介しています。なお各機種の機能については2014年3月時点での最新バージョンでのご利用を前提に記しています。

[仕様]LANケーブルはストレートケーブルが必要ですか?クロスケーブルが必要ですか?
弊社製品は、Auto MDI/MDI-X に対応しておりません。
機器仕様としては、MDI です。その為、Auto MDI/MDI-X非対応のMDI機器と直接接続を行う場合には、クロスケーブルが必要となります。
[仕様]付属品とオプションについて教えてください。
機能比較一覧表をご覧下さい。
全製品機能仕様一覧表
[仕様]電源ケーブル類の長さを教えてください。
[仕様]電源ケーブル類の長さを教えてください。zoom
付属及びオプション品についてはこちらの一覧表をご覧下さい。
 ※予告なく仕様を変更する可能性がございます。
[仕様]ログを取得できますか。
リブーターの場合
最大1000件まで記録できます。記録するイベントの種類は選択できます。ログの取得方法は、LANやシリアルからのコマンドによる方法と、メールによる自動送信があります。なお本体内のログは、本体電源がOFFした時とCPUリセットが実行されると消えます。
スケジューラーの場合
最大1000件まで記録できます。記録するイベントの種類は選択できます。ログの取得方法は、LANやシリアルからのコマンドによる方法と、シスログ送信、また、メールによる自動送信があります。本体内のログは、本体電源がOFFした時やCPUリセットを実行しても消えません。
[仕様]ログには何が記録されますか?
以下のイベントがログに残ります。
機能の無いイベントのログは残りません。

PING送信 監視IPアドレスへICMPを送信
PING無応答 監視IPアドレスからの応答なし
PING監視結果 監視IPアドレスのPING監視結果
電源制御 電源を制御するコマンド実行
電源障害 UPSから電源障害信号受信
メール不正アクセス 正規のメールコマンド以外のメール受信
メールログイン・アウト メールコマンドによるログイン・ログアウト
WEB接続 WEBによる接続
WEBログイン・アウト WEBによるログイン・ログアウト
TELNET接続・切断 TELNETによる接続・切断監視
TELNETログイン・アウト TELNETによるログイン・ログアウト
MODEM接続・切断 MODEMによる接続・切断
MODEMログイン・アウト MODEMによるログイン・ログアウト
変数変更 変数値の変更
温度状態 温度状態の変化
シリアルログイン・ログアウト接続ID シリアルによるログイン・ログアウト
NTPアクセス NTPサーバーによる時刻補正
スクリプト実行/失敗 スクリプト通信の結果
接点入力状態変化 接点入力状態の変化
接点出力状態変化 接点出力状態の変化
手動スイッチ押下 手動スイッチの押下
[仕様]PoEリブーターは、どのPoEスイッチに対応していますか?
PoEリブーターは、Telnet通信により、PoEスイッチのポート制御を行います。その為、外部からのTelnet通信を受け、ポート制御を行う事が出来る、インテリジェントタイプのPoEスイッチが対象です。現在対応しているPoEスイッチは、下記一覧表でご確認頂けます。

対応インテリジェントPoEスイッチ一覧表
[安全]最大容量以内であれば、たこ足配線をしてアウトレット(ACコンセント)に接続しても良いですか?
電源用テーブルタップなどを使ってたこ足配線をした状態で、機器のアウトレット(ACコンセント)に接続しないでください。
  リレー接点にダメージを与える可能性があります。また火災や故障、内部ヒューズ切れ等の原因となります。
[設定]基本的な設定はどのように行いますか?
WEBブラウザにより設定できます。またTELNETなどによりコマンドから設定することも可能です。
リブーターおよびスケジューラーのように遠隔電源制御が可能な製品は、工場出荷状態で電源制御機能は無効になっていますので、メンテナンスモードで電源制御機能を有効にする必要があります。
ディップスイッチ3をOFF(下)にして、CPUリセットボタンを押下するとメンテナンスモードになります。IPアドレスは「192.168.10.1」固定となります。WEBブラウザから接続して、電源制御機能を有効にします。
その後、ネットワークに関する基本的な設定を行うことができます。(IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイなど)ディップスイッチ3をONに戻した後、CPUリセットボタンを押下して運用モードにします。
設定したネットワークの設定に従って、WEBブラウザで接続すると各種設定を行うことができます。運用状態で利用中は、RPCサーチを利用することで現在のIPアドレスを確認することもできます。
[設定]設定をファイルに保存したり、ファイルから読み込んだりできますか?
WATCH BOOTシリーズはスケジュールを含めて全て保存読出し可、TIME BOOTシリーズはスケジュールのみ別ファイルになりますが、こちらも全て保存読出し可能です。
[設定]設定を複数の機器にまとめて行えますか?
RPC-EYE V4 PROを利用すれば可能です。
RPC-EYE V4 RPOは、複数のリブーターやスケジューラーにTELNETで順次接続し、コマンドを送信することができます。また、グループを作成して、グループごとにコマンドを送信することも可能です。特定のグループに同じ設定を行いたい場合や、同じ制御を行いたい場合に便利です。ただし、TIME BOOTシリーズに対して、スケジュール情報をコマンドで送信することはできません。現在、TIME BOOTシリーズのスケジュール設定はブラウザから行うことが必要です。
[設定]設定内容は停電で消えてしまいますか?
各種設定内容は電源が切れても消えません。ただしリブーターの場合、ログと時刻情報は消えます。スケジューラーの場合はログも時刻も消えません。
[設定]メールによる制御をするための設定を教えてください。
メールを利用した制御が可能です。あらかじめ設定したメール用のIDを送信メールの1行目に、パスワードを2行目に書き込み、3行目以降にコマンドを書き込みます。
[設置]設置方法を教えてください。
[設置]設置方法を教えてください。zoom
こちらの一覧表をご覧下さい。
[管理]複数の製品の状態を一覧で確認できますか?
Q.[管理]ネットワーク稼動監視とは何ですか? をご参照ください。(こちらをクリック)
[問題]ログイン画面(IDとパスワードの入力画面)が表示されない
edge等一部のブラウザでは、ログイン画面(IDとパスワードの入力画面)が表示されず、ログインできないというケースがあります。この場合、IDとパスワードの認証画面が、ブラウザ画面の背景に表示されていることがあります。画面に表示されているブラウザ等を最小化してみるか、IE等他のブラウザでお試し頂くことをお勧めします。
[問題]パスワードを忘れてしまった場合はどうすれば良いですか?
ブラウザのパスワードを忘れた場合は、TELNET、SSH(OPEN SSH Ver5.1.p.1)、またはシリアル通信から「?uPassword1a」と入力し確認することができます。TELNET、シリアルのID、パスワードは共通ですが、これを忘れた場合は、初期化する以外に方法がありません。シリアルやTELNETのパスワードは、コマンドで変更します。セキュリティ上、かならず変更されることをお勧めいたします。
なおパスワードの管理には十分ご注意ください。
[問題]異常時の切り分け方法を教えてください。
[問題]異常時の切り分け方法を教えてください。zoom
表をご覧ください。
リブーター関連 よくある質問TOP