1. ネットワーク電源制御の明京電機>
  2. 製品紹介>
  3. リブーター>
  4. サイネージリブーター RPC-M4HSi
製品紹介

リブーター

< 一覧に戻る

サイネージリブーター RPC-M4HSi

サイネージリブーター   RPC-M4HSizoom

サイネージ保守用に特化させたリブーター
¥64,800(税別)
2020年5月11日発売!
サイネージリブーター(RPC-M4HSi)は、お客様からクレームが来る前にフリーズの自動検出を行い、自動再起動を行います。サイネージディスプレイの不具合画面も見せない、デジタルサイネージのスマートメンテナンスを実現。
4アウトレット制御できる19インチハーフ1U型。(最大制御容量 1,500W)

90秒でわかるリブーターはこちら。
サイネージリブーター   RPC-M4HSizoom

●CPU稼働監視ソフト『MRC HB Ver2.0』による監視で、フリーズの自動検出&自動復旧
サイネージリブーターのハートビート監視機能、併せて明京独自のソフトウェア『MRC HB Ver2.0』(*)と連携させることで、サイネージのフリーズ自動検出&自動復旧が可能になります。同ソフトウェアは、独自CPU 解析アルゴリズムによってメディア再生ソフトを監視します。動画再生の停止を検知し、ハートビートパケット送信を停止させることで、一連の再起動動作を行わせることができます。

ハートビート監視機能による再起動動作
* STBは、安全にシャットダウンさせてから電源リブート(OFFして一定時間後にON)、ONのタイミングでWake on LANも実行でき、自動的にSTBを再起動させることができます。
*ディスプレイ側は、ディスプレイの電源をOFFにし、その後STBの起動、動画再生が始まったのちにONさせることができます。

これにより、フリーズによる不具合画面を見せないようにしつつ、動画再生可能な状態へ復旧ができるようになります。またSTBの起動段階でフリーズした場合も同様、自動的にリブート行うことで復旧させることができます。このように安定したサイネージ運用が実現します。
(*)このソフトウェアは、RPC-M4HSi購入後、専用フォームでご登録いただいた方のみ電子的に送付いたします。

サイネージリブーター   RPC-M4HSizoom

●分かりやすいWEBブラウザメニュー
WEBブラウザより各種設定を行います。サイネージ管理で必要な各種設定をコンパクトにまとめ、設定情報や稼働状態なども簡単に把握できるようになっています。

サイネージリブーター   RPC-M4HSizoom

●接点入力インタフェース搭載
緊急メンテナンスなどの時、手元のスイッチ操作でSTBやディスプレイの再起動が可能です。本体の接点入力インターフェースに汎用的なスイッチを接続するだけで操作可能となります。

サイネージリブーター   RPC-M4HSizoom

●最大20個のスケジュール制御
サイネージリブーターは週間レベルのスケジュールを最大20個設定可能です。電源のONやOFFそしてリブートのスケジュールを組むことが可能です。システム全体の電源を細かく管理し、必要な時間帯にのみ起動させ、不要な時間帯は電源をOFFさせることで節電効果が得られます。

次ページ >

< 一覧に戻る

ネットワーク電源制御の明京電機TOP