1. ネットワーク電源制御の明京電機>
  2. よくある質問
よくある質問

保守や安全

お客様から良く尋ねられる質問を紹介しています。なお各機種の機能については2014年3月時点での最新バージョンでのご利用を前提に記しています。

[保守]無償保障は何年間ですか?
ご購入後1年間は無償保障です。 ユーザ登録すると無償保障期間を1年延長してご購入から2年間無償保障となります。
[保守]保守パックはありますか?
有償にて3~6年の先出しセンドバックでの保守パックをご用意しています。
リブーターの場合はこちら。
スケジューラーはこちら。
POSEシリーズはこちら。
[保守]オンサイト保守はありますか?
基本的に、ご用意していません。
[修理]修理はどのように依頼するのですか?
故障内容等を「修理依頼書」へご記入いただき、該当機器と共に弊社までお送りください。

お送り先

〒114-0012
東京都北区田端新町1-1-14 東京フェライトビル4F
明京電機株式会社
電話番号 03(3810)5580

到着後、約1~2週間程度で検査して、お見積もりを致します。修理のご依頼を受けた後、数日で修理返送いたします。送料はいずれも発送元負担です。修理費用は、部品代と作業料金の合計となり機種や程度にもよりますが、概ね2~3万円程度を目安にお考え下さい。
お見積りのみの場合、調査費用として3,000円(税別)がかかります。

修理依頼書(PDF)

修理依頼書(.xls)
[修理]どのような場合は故障と判断できますか?
運用モードで本体に電源を入れた後、PILOT-LEDが点灯しない場合は故障の可能性があります。
また運用モードで本体に電源を入れた後、LINK-LEDが点灯しない場合も故障の可能性があります。
[保守]電池など消耗品はありますか?
スケジューラーおよびPOSEには消耗品(電池)があります。環境によりますが電池は10年ほど利用できるものを選定していますので、製品利用中の交換は不要です。もしも、何らかの理由により電池が切れた場合は、停電等電源が切れた後次の時間取得(NTPサーバーかPCによる時刻設定)するまでスケジュール動作ができなくなります。その場合は、弊社にお送りください。料金は、10,000円(税別)です。なお、電源リレーの耐久寿命は約10万回です。
[保守]バージョンアップは自分でできますか?
一部の製品を除きお客様にてバージョンアップが行えます。バージョンアップ発表後、弊社サポートページでご提供する予定です。
[保守]バージョンの確認方法を教えてください。
ブラウザ接続の場合は、システム情報のページをご確認ください。コマンドで確認する場合は、「VER」コマンドで確認できます。
[保守]バージョンアップの方法を教えてください。
機種により方法が異なります。

(1)RPC-MxxS,RSC-MTxxS(末尾にSがつくRPC,RSCシリーズ)
 [a]オンラインバージョンアップ
 [b]ローカルファイルによるバージョンアップ
  の2種類があります。

 [a]→「システム設定-詳細設定-ファームウェア更新-オンラインアップデート」で実行できます。(M2CS,M5CSは「システム情報-ファームウェア更新-オンライン自動アップデート」)LAN接続されている状態でリブーター,スケジューラーから実行すると,明京サーバーから自動的にその機種に対応するバージョンアップファイルを取得しアップデートを実行します。正常に完了したことが画面に表示された後,CPUリセットをすれば,使用可能になります。
 [b]→このHPの「ソフトウェアダウンロード」ページ,「アップデート(ファームウェア&ソフトウェア)」セクションからvupファイルをPCにダウンロードします。リブーター,スケジューラーにWEBでアクセスし「システム設定-詳細設定-ファームウェア更新-ローカルファイルの選択」(M2CS,M5CSは「システム情報-ファームウェア更新-ローカルファイルの選択」)から,そのvupファイルを選択するとアップデートを実行します。正常に完了したことが画面に表示された後,CPUリセットをすれば,使用可能になります。

(2)SE10-8A7B1[POSE],RPC-Mxx,RSC-MTxx(末尾にSがつかないRPC,RSCシリーズ)
 専用のソフトウェアを使用して簡単に行えます。「ソフトウェアダウンロード」ページからファイルとソフトをダウンロードして,LAN経由で行います。
※バージョンアップが正常に完了するまで,絶対に初期化なさらないでください。
[安全]国外でも利用できますか?
基本的には日本国内での利用に限ります。
[保守]MTBF値はいくつですか?
MTBF値は、「RCR-9102(B)」に準拠した部品点数法によるものです。
これらの値は、故障しない時間を保証するものではありません。
RPC-M2CS 12.3(年)
RPC-M5CS 10.2(年)
RPC-M5C-EA 9.8(年)
RPC-M4LS 9.1(年)
RSC-MT4HS 8.1(年)
RSC-MT8FS 7.5(年)
PoE8M2 12.3(年)
SE10-8A7B1 7.4(年)
SE10-B1 15.0(年)
[保守]故障した場合は電源リレーはどうなりますか?
故障箇所に依存します。
ヒューズ切れなど製品への供給電源が断たれた場合、またレギュレーターが故障した場合、リレーはOFFします。一方、通信部分の回路が故障した場合は、リレーには影響を与えません。リレー自身が故障した場合は、ON、OFFいずれの状態もありえます。
[保守]サージなど電気的な保護はどうなっていますか?
リブーター、スケジューラー共にサージアブソーバがライン間、対地間に入っています。
使用しているサージアブソーバー動作電圧
ライン間:500V 、対地間:2,400V
[安全]RoHS指令への対応はどうなっていますか?
全機種、RoHS指令に対応しています。
[保守]リブーターはフリーズしないのですか?
基本的にフリーズしません。
過去20年以上にわたり、フリーズによるトラブルはほぼありません。フリーズが極めて少ない理由のひとつは、シンプルな小型のOSを開発し、TCP/IPプロトコルスタックを含めてフリーズし難い設計を行っているためです。また不測の事態に対処するよう、ウオッチドックが働いています。ウオッチドックで内部リセットが発生しても、電源状態には影響を与えない設計になっています。また、徹底したノイズ対策を施し、外来ノイズによるフリーズが発生しないよう設計されています。
リブーター関連 よくある質問TOP