1. ネットワーク電源制御の明京電機>
  2. 新着情報
新着情報

rss

2020/02/14
旧 TIME BOOT mini(RSC-MT4H) Ver1.10A の年間スケジュール機能について

旧 TIME BOOT mini(RSC-MT4H)のファームウェアVer 1.10Aにて
年間スケジュール機能をご利用されているお客様へのご案内です。

ファームウェアバージョン1.10Aは、内部カレンダーが2019年12月までとなっております。
継続して、旧 TIME BOOT mini(RSC-MT4H)の年間スケジュール機能を利用される場合、
こちらから、ファームウェアのアップデート(Ver 1.31E)をご利用いただけます。
アップデート後、内部カレンダーは2027年12月までとなります。

2019/08/02
弊社保有「リブーター」登録商標一般開放について

弊社は30年の永きに亘り、遠隔電源制御機器を開発し、かつ製造し、日本国内において
販売して参りました。その販売累計台数も既に20万台弱になり、弊社の商品名として
謳ってきた【リブーター】という呼称も多くのユーザーから認知されて来ています。

弊社はこの【リブーター】という呼称を登録商標(登録番号5590686号)として保有してきましたが、今後この市場が大きく拡大することが見込まれることから、この度、その所有を放棄し、一般開放することとしました。

2019/04/24
長いRealm名設定時の動作不具合について

長いRealm名設定時の動作不具合について

【対象機種】
RPC-M2CS/M5CS/M4LS,PoE8M2,RSC-MT4HS/MT8FS

【現象】
・「ネットワーク設定-基本設定」の「Realm名」を,制限字数内であっても一定の文字数を超えて設定するとCPUリセットを繰り返す状態に陥る。回復させるためにはDIPスイッチによる初期化が必要となる。
(M2CS,M5CSの画面表記では「通信設定-通信基本設定」の「認証領域(realm)名称」)

【対応策】
方法1:「Realm名」には「半角英数20字」を超えた設定をしない。
     (デフォルトは機種名であり,6~9字)
方法2:オンラインバージョンアップを行う。
     あわせて「ネットワーク設定-メール設定」の「再接続時間」の単位も修正されます。
       [正しくは(秒)]
     RPC-M2CS/M5CS→アウトレット名に半角スペースも使用できるようになります。
     詳細取扱説明書も更新しました。最新版は「ドキュメントダウンロード」の
     ページよりダウンロード可能です。

2019/02/01
住宅向け遠隔電源制御S-REMOS(3A8OU4HA)をアップしました。

住宅向け遠隔電源制御装置S-REMOS(3A8OU4HA)の製品紹介ページをアップしました。

2018/08/07
東京都狛江市にある同一名称の会社「明京電機株式会社」との関係について

東京都狛江市にある同一名称の会社「明京電機株式会社」は、弊社とは一切の関係はございません。

< 前ページ

リブーター関連 新着情報TOP